スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月6日:八咫烏

かわいい鳥さん模様の賽銭箱に誘われて急な階段を登り猫の額程の神社にお参り。
IMGP6048s.jpg
かわいかったのでカラスには見えませんでしたが、三本足であるということは「八咫烏」
そこまで気が付いてから「熊野神社」であることを認識しました。
熊野神社ではこのようなキャラクターお守りもいただけるのですね。
サッカーはほぼ守備範囲の外につき存じ上げておりませんでした。
IMGP6051s.jpg
お昼休みの小さな発見〇
スポンサーサイト

11月25日:神戸マラソン

やたらに大きさや重さにこだわる完走メダルが多い中センスが光る。テープが細い処も含めてKobeらしくてカッコいいね。
IMGP6037s.jpg
手元時計で4時間03分07秒。目標のサブフォー未達。
30kまでは4時間を十分切れるペースだったもののその後の10kで大ブレーキ。
このところのパターンではあるもののやはりマラソンは30kから。
Qちゃんとハイ・ファイブをしてゴール。意外にQちゃんの手は指が長く大きかった。
速攻で撤収しシャワーを浴びて窓の外を眺めると眼下に神戸大橋を渡るマラソンランナーの途切れない流れ。
テレビをつければ地元局のゴール地点からの中継が流れている。
閉鎖された高速道路を埋めるランナーの列と、テレビの中継を見ながら栄養補給。
さっきまであの大会に参加していた自分が遠くに感じられる不思議な体験。
6時間28分、なんとチューバをブフォブフォやりながら走っていたランナーがゴールしてきていた。
アナウンサーもほんのしばしではあるものの絶句。
折り返ししてからしばらくしてすれ違ったチューバおじさん。
いろんな仮装ランナーを見てきたがチューバを吹きながら最後まで走り切るとはあきれて言葉もありません。
家内も沿道でチューバ君を見かけて絶句したそうです。
因みに家内の解説によるとチューバ君の抱えて走っていた楽器は正しくはユーフォニューム、但し、楽器の朝顔の部分に派手で大きな飾り物を装着しているために見た目はチューバの様に見えているとのこと。
どちらにしても大変なランナーである。
空身で走ってもバテバテなあたしは見習うべきところ多しである。

カメラ担当の家内のメモリーからいくつか抜粋で。
部屋からの眺め。街から湧いてくるランナーの列が会場に向かう。この景色は都市型マラソンならではの景色で何故か大好き。銀杏の紅葉が見ごろ。
S0010197s.jpg
神戸のメインストリートをランナーが埋める。この中のどこかにあたしもいるハズ。
S0060206s.jpg
使用前の証拠写真。せめて袋は正しく着ましょうですね。既に日差しは強い、ウェアは厚過ぎた、半袖で十分だったかな。
S0020200s.jpg
優勝した高橋さんもちゃんと写ってました。最初から先頭を譲らず、40k近く独走、素晴らしい!
S0160223s.jpg
最後尾の自転車のおじさん。車で追われるよりフレンドリーですね。
完走率97%には彼の激励効果も効いているかも?
全体を通して想像以上の応援の人垣。歩くわけにもいかないのでいい結果につながることも人気の一因でしょうか。それだけに35k過ぎからの勝負どころの高速道路の観客のいない坂との戦いはつらいものがある。その先にゴールが待つことを考えればそれもいい演出と思えるようになりたいものである。
S0280320s.jpg
颯爽とした姿をパチリとしてもらうべく練習を変えて取り組むことにしよう。

11月25日:神戸へ

富士山はすっかり冬景色。
IMGP6016s.jpg
芦屋川のいつものパン屋さんでお買いもの、KAOPAN
更に細々と一人パン屋さんになったもののそれもまたよし、もうしばらく足を運んでみることにしよう。
IMGP6021s.jpg
ついでに馴染みの八百屋さんで食料の調達。
IMGP6023s.jpg
仕入れた野菜に合わせてカーボローディングは鍋でうどんに決定。
明日は晴れるかな?

11月10日:カフェランチ

立川のガーデン・カフェでランチ。
IMGP5999s.jpg
付け合せのサラダセット、300円也。
パンもついてお値打ち。

メインの季節の野菜のピザ。
野菜系&チーズは少なめであっさり味ではあるもののピザが大きめ、一人の時には頼まない方が賢明かも。
サツマイモ、サトイモ、レンコンに南瓜とお腹にたまるトッピング。
更に、栗に銀杏と秋の恵みがピザには珍しい、意外に合いました。
白菜、ニンメにきのこ各種。
金1250円也。
ピザはカットされずにサーブされます。
好みで切ればいいし見た目もプレカットより個人的にはポイント高し。
IMGP6003s.jpg
デザートに追加したストロベリーシフォンケーキ。
これだけ手をかけたプレゼンテーションで金350円也、ランチの追加割引とはいえ申し訳ないほど。
IMGP6005s.jpg
車でなければ外のガーデンを眺めながらワインや泡でのんびりしたいお店です。
それなりに繁盛していますので入店並びに駐車場のキャパはタイミング次第ではありますが入れればくつろげるカフェランチどころです。
今朝はちゃんとハーフの距離は走れたので(公園の周回練ですが)気持ちご褒美なランチでした。

10月28日:石垣島三日目久々の自転車イベント

まだ夜の明けぬ6時に宿を出発して大会会場へ。
6時半ではまだ怪しげな暗さでも7時にはしっかり朝、いよいよスタートです。
レースではないのでのんびり中段に整列してパックごとに順次スタート。
IMGP5976s.jpg
ロングライドサイクリングの参加者の比率が高いのかアッという間にパックの先頭に出てしまいそのまま先行パックを食いながら川平のエイドで先頭パックに追いついてしまう。
ドラゴンフルーツ完熟で大変美味!
こういうエイドがライドイベントの醍醐味か。
先頭を進んでいた新城幸也選手とのツーショットの列ができるもののミーハーでこっぱずかしいので敢えてスルー。
IMGP5978s.jpg
その後コース沿いの田圃で狩りをするカンムリワシに遭遇。
手信号で位置を示しながら『カンムリワシ!』と後続のライダーに告げるものの、鳥に興味がない、若しくは並びに頑張って下を向いて漕いでいるので確認できずの方の方が多し。
それでも反応してくれる方もちらほら。
羽の色とそぶりからオスの成鳥と思われたもののマニアックにすぎるかとそこまでの解説は控えた。
その後も道を横断するシロハラクイナや電線にとまるチョウゲンボウなど指さし声だししながら楽しいライド。
終盤のエイドで新城選手と昔話。
2007年濃霧のオートポリスでの全日本選手権。
視界20~30mの中、新城選手だけはレーダーを持っているように霧の中から一人異次元のスピードで飛び出してきて驚かされた。
たまたま他のチームの補給のお手伝いでボトルを持ってコースに立っていただけに強烈な印象が残っている。
そんな話をしながらやっぱり記念に一枚お願いしてしまいました。
すいませんやっぱりミーハーです。
IMGP5980s.jpg
それなりに起伏もあり走りごたえはあったものの完走しても達成感は特になし。
千切れて一人旅の完走でもレースはいいな~と改めて実感。
さて次の目標はどのあたりに定めていこうか、試案のしどころです。
プロフィール

サルト

Author:サルト
サルトの部屋へようこそ!
自転車を中心とした趣味のつぶやきを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。