スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月28日:石垣島三日目久々の自転車イベント

まだ夜の明けぬ6時に宿を出発して大会会場へ。
6時半ではまだ怪しげな暗さでも7時にはしっかり朝、いよいよスタートです。
レースではないのでのんびり中段に整列してパックごとに順次スタート。
IMGP5976s.jpg
ロングライドサイクリングの参加者の比率が高いのかアッという間にパックの先頭に出てしまいそのまま先行パックを食いながら川平のエイドで先頭パックに追いついてしまう。
ドラゴンフルーツ完熟で大変美味!
こういうエイドがライドイベントの醍醐味か。
先頭を進んでいた新城幸也選手とのツーショットの列ができるもののミーハーでこっぱずかしいので敢えてスルー。
IMGP5978s.jpg
その後コース沿いの田圃で狩りをするカンムリワシに遭遇。
手信号で位置を示しながら『カンムリワシ!』と後続のライダーに告げるものの、鳥に興味がない、若しくは並びに頑張って下を向いて漕いでいるので確認できずの方の方が多し。
それでも反応してくれる方もちらほら。
羽の色とそぶりからオスの成鳥と思われたもののマニアックにすぎるかとそこまでの解説は控えた。
その後も道を横断するシロハラクイナや電線にとまるチョウゲンボウなど指さし声だししながら楽しいライド。
終盤のエイドで新城選手と昔話。
2007年濃霧のオートポリスでの全日本選手権。
視界20~30mの中、新城選手だけはレーダーを持っているように霧の中から一人異次元のスピードで飛び出してきて驚かされた。
たまたま他のチームの補給のお手伝いでボトルを持ってコースに立っていただけに強烈な印象が残っている。
そんな話をしながらやっぱり記念に一枚お願いしてしまいました。
すいませんやっぱりミーハーです。
IMGP5980s.jpg
それなりに起伏もあり走りごたえはあったものの完走しても達成感は特になし。
千切れて一人旅の完走でもレースはいいな~と改めて実感。
さて次の目標はどのあたりに定めていこうか、試案のしどころです。
スポンサーサイト

7月29日:『元気だけん阿蘇』サイクリング

本日は好天を通り越した猛暑の中コルナゴ部長の呼びかけに応じた自転車乗りたちがあそ望の郷に集合。
集合写真の後に加わった方を含めて10名の列車となる。
前で帽子をかぶっておられるのはコルナゴ部長のお父様御年90歳、矍鑠とされておられる流石だ。
本日は『元気だけん阿蘇』の激励に足を運んでいただけた。
S0405719s.jpg
脚はそれなりにばらけていても気持ちは一つ、楽しく苦しく一緒に過ごすことができました◎
IMGP5729s.jpg
秀逸なみかん箱ジャージに何か蟲がたかっています!?
IMGP5732s.jpg
阿蘇の坂道を草千里までみかん箱にくらいついていたのはヒグラシさんでした。
列車の中からみかん箱を選んでしがみついていたのは、何故?
もしかするとミカン農家の彼にはみかんの甘い香りが残っていたからかもしれませんが、真相は蜩さんもサイクリング・イベントの趣旨に賛同しての参加だったのかも・・
IMGP5734s.jpg
崩れた山肌もかなり目撃したのも事実、でも当然傷跡のない阿蘇の景色を背景に走れる区間も相当ありました。
IMGP5738s.jpg
そんな一枚。
本日のイベントの発起人兼世話役、コルナゴ部長。
気持ちを一つに自転車仲間と楽しい一日を過ごすことができました。大感謝。
阿蘇のサイクリングはおおらかで楽しい、本日ご一緒いただいた方々またの機会ももんでやってくださいませ。

4月22日:鹿児島合宿最終日

鹿児島まで飛んできて暴風の中を東京で例えれば工事中の風張林道以上の荒れた山道をくねくね限りなく引きずり回されたライド一日目。
指宿温泉での芋(焼酎)の補給で英気を回復穏やかな天候のもとライドに向かいます。
鹿児島の看板にはどこでもやたらに西郷さんとおぼしきキャラが盛り込まれている。
肖像権の問題は?であるがそれだけ薩摩の人々に慕われているということの証か。
IMGP5486s.jpg
指宿の定番の『砂むし温泉』こちらの歌碑では『砂風呂』どちらもありかもしれませんが何気に気になりました。
IMGP5487s.jpg
定番の砂に埋まったお友達の画ではなく準備で田起し中の風呂場の風景。
こんな風にお湯を張って消毒してから一日のお仕事が始まるのです。
砂風呂を浜辺の砂遊びの範疇と捉えればやはり埋められるより埋まられているお友達をイジル方が楽しいですね。
IMGP5489s.jpg
桜島の展望所まで激坂をヒルクライムしてからくるっと一周。
噴火の轟音も堪能し、灰の味と涙も体験し桜島サイクリングのフルコース。
最後に定位置の最後尾から写真を一枚。
列車を組んで走る際の定番ではありますが復帰後の本格的なライドのゴール近くバックポケットからカメラを引っ張り出してパチリ。
漸くサドルの上で片手離しで写真が撮ることが叶い思わず頬が緩んだ◎
企画・運営・進行・会計のpjさんありがとうございました。
チーム・セカンド・ウインド鹿児島のヘルパーさん(迎撃接待係か・)を含め何気にレスキューにご協力いただいた参加メンバーの方々ありがとうございました。
これに味をしめてまた再び鹿児島へ出撃するかもです。
IMGP5519s.jpg
20℃半袖Tシャツ一枚の鹿児島から雨の羽田11℃へ、現実はキビシイ。

4月21日:鹿児島合宿ほぼ1日目

二回目の鹿児島、pj教授の満腹ツアーになるのか?
空港からとてものんびりローカルしていて○
それにしてもレンタのプロボックス、ボロボロ、でも気にせずバンバン詰めるからそれもまたよし▽
IMGP5483s.jpg
昨晩鹿児島に入りさっそく焼酎のボトルを何本か開けて前夜祭。
ちょっと以上に飲み過ぎたのでお酒が残っていないことを確認するために早朝一回り。
岸壁は波が打ち寄せ濡れている。
天気予報の暴風波浪警報はホントだ!
IMGP5469s.jpg
パパトリ
朝食は7時からにぎわっているこぎれいなパン屋さんでいただく。
駐車場、無料の珈琲、トイレにイートイン、テラス席も完備!
自転車乗りの為のパン屋さんのようなお店、流石pjさんのコーディネート、恐れ入ります。
IMGP5470s.jpg
pjツアー御一行様の特徴はジャージが見事にバランバラン。
これも芸歴の長さと面倒見の良さとおおらかな道産子のたまものか。
IMGP5477s.jpg
暴風にハンドルを取られながらもそれでも雨にはギリギリ降られずに昼まで鹿児島のサイクリングに打ちのめされる・・平坦は無いのか!?
豚骨ラーメンへ突撃する本体と別れ鹿児島空港へ送迎に向かう。
夜の指宿温泉での宴会に備えてお昼はサクッと軽め、他に知るところもないので朝のパン屋さんへ。
IMGP5481s.jpg
さあ、指宿で砂むし温泉だ。

9月19日:ツール・ド・北海道ツアー最終日

おいしいお寿司を食べてぐっすり眠ってほぼ定時に起床。
北海道は朝が早く(明るくなって)て助かります。
既に自転車は輪行袋の中につき軽く素走りに出かけます。
距離もコースも不案内につき今朝のメニューは2時間走と決定。
自転車で記憶にある琴平川沿いのサイクリングロードを真駒内方面に1時間5分走ってUターンしてくる設定です。
折り返して市街に戻りあと5分ほどでホテルです。大通り公園6時36分。
IMGP4950s.jpg
ショートコースの66kの方とはいえ昨日のレースに関係なく2時間走ができてしまうところが大問題。
安全マージン取りすぎですね。
力を出す練習と器を大きくする練習、心がけて取り組んでいきましょう。

アイサイトの高速クルージングを楽しむべく洞爺湖まで足を伸ばす。
某会議のモニュメント。
刻まれた名前をたどりそれぞれがsummitであったことを確認しながら某国の方のお名前を見つけsummitというよりどんぐりのように感じられてしまいました。
summitsは本来summitの集うところであったハズ・・・
IMGP4969s.jpg
北海道ドライブの最後の休憩スポット苫小牧のぷらっとみなと市場。
IMGP4970s.jpg
ほっき貝といえばVLAAMS合宿で橋川健が連れて行ってくれた福島の漁港のほっき飯!
再訪はかなわない・・
港の市場の食堂に付き今回は食べられませんでしたが次回は是非自転車でお腹を空かせて日本一のほっきを食べてみることにしよう。
IMGP4976s.jpg
プロフィール

サルト

Author:サルト
サルトの部屋へようこそ!
自転車を中心とした趣味のつぶやきを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。