スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月30日;淡路島二周目

一人V練で今日も淡路島へ!
フェリーまでの時間も読めるので今日は気持ちに余裕がある、道も少しは馴染みが出てきたのでちょっと足をとめながら明石に向かう。
須磨あたりの古い民家、素晴らしい&チャーミングな左官こて細工を発見。
魚屋の軒先からくすねて行っているのかな?
IMGP4322s.jpg
昨日はロード乗りとの遭遇頻度が低かったがそれは単にコース取りの問題であったように思われる。
鳴門大橋の前後の区間が坂もあって走りごたえがある、昨日は鳴門の西の区間を走ったが今日は東の水仙ロード、きつくてつらくて速いロード乗りに結構遭遇できました(バンバン抜かれた、若しくはあっという間にちぎられただけ・・)。
この区間はサイクリング系の方は間違って入ってきてしまった?方だけといったところ。
それなりにバイパスもできていて変態と健常者のルートを分けている感じです。
地図も待たずにおぼろげな記憶のみで走っているのでそのあたりが理解できるにはもう少し時間がかかりそうです。
IMGP4331s.jpg
大変わかりやすい看板。
センスは感じられないが昨今こういったわかりやすいディスクロージャーが求められているのかもしれませんね。
IMGP4335s.jpg
ぐるっと回ってあなご丼をいただく。
特段おいしいと思わないことを改めて確認するにとどまった。
やはり関東育ちにはあなごは蒸し、でしょうか。
IMGP4336s.jpg
今日は終日南風に悩まされながらのライド、それでも淡路を南下するうちは「南の向かい風」と呼べる範疇にとどまってくれていたもののだんだん「暴風」に成長し、さらに風が強まるとの天気予報も尊重し南西の一部ルートをバイパスでショートカットして岩屋のフェリーを目指す。
しっかり追い風ではあるもののちっとも楽しくない。
これ以上風が強くなったらフェリーが欠航してしまうかも?!との不安もよぎり脚だけは休めずに回す。
幸いフェリーは定時運航してくれていましたがあまり風の強い日は淡路にわたるのも気を付けないとね。
本日の最強風速は戻ってからの明石港で記録した。
赤信号で止まっていたら風に押されて電柱まで流された!
明石~須磨と海岸沿いの国道が怖かった。長田で市街地に入るとホッとした。
180k走って2時前には帰還、淡路は信号も車も少なくフェリーを使ってもまだ効率かなり高しでした。
連休中はそのフェリーも増便されるので更に快適かな。
連休後半もまた走る予定です。
スポンサーサイト

4月29日;鳴門にナルト饅頭を食べに行く

定刻に起床、明石のフェリー乗り場に向かう。
国道2号も5時台は快適に走れて無問題、須磨の水族館の前にトレックストアを発見、たしかジャパンの本社も神戸だったかな、今度立ち寄ってみよう。
ジェノバラインにはすでに自転車乗りが4名程、6時20分の始発淡路島行には都合6台の自転車が乗り込んだ。
IMGP4272s.jpg
自転車乗りは優先乗船させてもらえてちょっといい気分、縄でつなぐのは自己責任の気楽な乗合バスフェリー。
船は古くてボロいけど結構なスピード、モーターボートのような波を立てながら13分で淡路に渡る。
IMGP4283s.jpg
ポケットのパンをかじりながら一気に南端の鳴門大橋脇の道の駅まで南下。
写真ではわかりにくいかもしれませんが結構ホントに渦巻いてます。
IMGP4294s.jpg
ちょうど連休のイベントで野点をいただく。
自転車の補給食でお茶を立てていただいたのは初めてです。
IMGP4296s.jpg
お茶請けのお菓子の柄を見ていただければここが鳴門であることを納得していただけるのではないでしょうか。
IMGP4300s.jpg
淡路島の東の方は玉ねぎ畑、西の海岸沿いはわかめと瓦屋さん。
橋の欄干に三羽のチドリが飛んでます、ちょうどV練ジャージと同じパターンだったので記念にパチリ。
IMGP4308s.jpg
欄干に限らず橋の意匠全体が瓦です。
IMGP4309s.jpg
岩屋まであと20kぐらいの北淡路は焼きあなご、沿道のお店のいい香りにお腹が鳴りだしたので早めの昼食。
海鮮重を一気食べ、人心地ついてから蒸しと焼きであなごを握ってもらいましたががっついていたので写真はなし、やはり個人的には蒸しの方がおいしかったかな。
IMGP4314s.jpg
お腹も落ち着き元気な笑顔、自転車乗りもよく集合場所につかっているお店で自転車乗りにも親切なお店。
またいかないといけないかな。
IMGP4318s.jpg
久しぶりに170kほど、ほんとにつるっぺたではあるもののまずはそこから体を作っていくしかありません。
6月の宮古島までにレースに参加できるところまで持っていけるのか・・・?
明日も走ります。

4月25日;天気晴朗なれど・・

気持ちのいい朝である。
四日続けて自転車にまたがると少しはサドルとの折り合いもついてきた感じ。
気持ちよくないのはなかなかスピードに乗れないこと。
それでも少しはクランクを回すのに慣れてきたので今日はウインドスプリント区間を決めて少しペースを上げてみる。ほぼ空地の埋め立て地、遮るものは何もないので風の影響は如実に現れる。
風を意識して走ると小さな周回路もなかなか手ごわい攻略対象になり飽きずに楽しめます。
ポートアイランドにはコンテナヤードと工業団地以外にも学校の広大なキャンパスがいくつか点在している。
見てる分にはきれいで広々羨ましいものの校舎の移動はかなり大変そうに見える、学生さんの評判はどうなのかな?
IMGP4263s.jpg
今朝も通勤系のクロスバイク以外には遭遇せず。
こちらの方では朝練マニアは少ないのかな?
IMGP4266s.jpg
IMGP4269s.jpg
海と六甲のお山に挟まれた地形ゆえなのか、風向きを含めて気象の変化にはめまぐるしいものがあるように感じられる。
今朝はこの好天の朝練のあと一転俄かにかき曇り真っ黒い雲が暴風雷雨を運んできてくれました。
雷が送電施設を直撃したようでバチッと瞬間停電したのにはちょっとびっくり。
停電はどこでもいやなものですが原因がはっきり且つ致し方のないものである分だけ心穏やかにいられるかな。

4月24日;久方ぶりの100k

お尻が痛いのサドルが高い(と感じる)のといろいろありますが乗らなければ新しい馴染みを探し出すこともできません。
今日は久しぶりに時間も環境も整い一人でV練再開といたしました。
コースはドア・ツーで5分で行けるポートアイランド。
この二日ぐるぐるして少しずつ道がつながってきたので今日はそれなりにスムーズに走れる周回路を淡々と走る。
ひと月以上乗らないと力が落ちているのが如実にわかる。
30kをキープして走るのも結構大変になってしまった!スーパーフラットな埋め立て地の周回だというのに。
まずはまとものペース(あくまで当社比ですが)で走れるように戻してから六甲のお山方面にとりかかることにしましょうかね。
広大な埋め立て地には巨大なモニュメントが似合うのか!?
とても気になる作品の前でパチリ、物好きな会社もあるもんだ、と思っていましたが、実は某大学の研究練でした。経済合理性の乏しいモニュメントにお金をかけられるのはそういうところに限られるのかな・・
IMGP4225s.jpg
やはり雨練より数段快適です。
信号はとても少なく快適な周回ができるのに自転車乗りが少ないのには驚きました。
サイクリング系数名を除けばロード乗りには遭遇しないぐらいです。
練習会系は六甲アイランド中心といわれてますのでそっちはもっと気持ちよく自転車貸切状態なのでしょうか!?
ポートアイランドでも十二分に快適ですがそれは東京近郊の自転車乗りの感覚なのかな。
そちらの埋め立て地にも足を運んでみたいものの残念ながらまだアクセスが不案内につきおいおいとしておきましょう。
IMGP4229s.jpg
ランチは神戸デュシャンでお魚のポワレ。
アパートに近いこともありデパ地下で買い出しができない日の夕食はほとんどここでお世話になってます。
地元ではちょっとおしゃれなお店になるのかもしれませんが東京の感覚からすればとてもリーズナブル。
ココファームのワインをおいているところもポイント高し。
IMGP4223s.jpg

4月23日;雨でも朝練

定刻に起床、マンションの窓からはポツポツの雨のように見えた、が,ちゃんと降ってました。
でも出てきてしまったのでちょっとだけ走る。
雨の日の練習は体を冷やさないようにお山は抜きでやや強めに2時間程というハシケンの教えを思い出しポートアイランドをぐるぐると。
1時間もぐるぐるしているとちょっと飽きてきます。
気分を変えて工業団地の碁盤の目をあちこち曲がってみる。
かわいい看板に惹かれて足を止めてパチリ!
IMGP4219s.jpg
玄関に回ると創業1889年の老舗だそうです。
戻ってネットで調べると、http://www.fukumian.com/をやっている粉屋さんだそうですかわかりやすい看板ですね。
IMGP4218s.jpg
戻りがてらにかわいい風力発電プロペラをバックにパチリ。
天気が良ければなかなかのビューポイントなのでしょうが、今日はあいにくの雨。
あっという間に帰還してシャワーが浴びられる環境であることを考えれば以前より雨練がやりやすいかな。
自転車汚しの後始末の大変さは変わりませんが。
IMGP4220s.jpg

4月22日;再開の一歩目

いったいいつから朝練で自転車に乗っていなかったのか記憶も定かではない。
体を痛めていたわけでもないのに脱臼で3週間乗らなかった時以上の大きな空白。
優に一か月を超えた朝練なしとは空恐ろしい事態ということを改めて認識させられてしまう。
IMGP4210s.jpg
乗り出してみるとまたがったとたんにお尻痛いです!組み立てた時にサドルの高さ間違えたに違いない!ペダルが重いよ13Tかとおもったら23Tだそうですハイ!
このぐらい乗らないと何が何だかわかりません、よってサドルも確認せずとにかく乗るだけです。
味スタ周回の代わりにポートアイランド周回をこなし、天文台坂の代わりに空港への橋を行ったり来たり。
最後は空港車寄せまでゴールスプリント、のつもり。
コンテナ埠頭に向かう大型車がそれなりに走っているものの快適に走れます。
トラックルートを外れればそれはほんとに無人の碁盤の目。
その上多くの区画が空地なので見通しはほぼ全開。
別の意味でとても心配ではありますが・・
コースを工夫しながら当面の朝練のベースとして走ることになりそうです。
見覚えがある方を含めてランナーには数名遭遇しましたが自転車乗りは皆無。
ここらの朝練は一気に六甲に上ってしまっているのでしょうか?
IMGP4212s.jpg
東京にいて震災の直撃を受けたわけではありませんから時間の持つ重みまでは計り知れません。
でも3.11を境にパラダイムチェンジが起こったことは間違いなく心に刻み込まれました。
IMGP4214s.jpg
朝練から帰還して実にREさんのような構図でパチリ。
よく見るとシフトイボがついているのがわかりますでしょうか。
そういえばこのシフトイボを触ったのも今日が初めてであったことを思い出しました。
朝練は漸く再開したものの使う機会はあるのかな~

4月9日;パン好きに新たな巡礼先を追加!

昨日のレストランでいただいたコム・シノワ系のパン。シェフの種明かしを確認しに当然探訪。
巡礼先リストに新たな一軒を付け加えることができました。
IMGP4203s.jpg
今回はあえてパンの写真はなしよ。それ以上にテラス席まで用意されていてこれでは自転車で立ち寄らせていただかないと罰が当たります。
V練仲間と行くのが楽しみです。あちらの方にお立ち寄りの機会があればご連絡ください。
一緒に食べに行きましょう!
こちらのシェフはコム・シノワのベーカリー部門のキーマンの一人、昨年9月に独立開店したのごこのお店。
ハード系は基本コム・シノワ、それに米粉系の新たなチャレンジが混ざり合った今一番元気で意欲にあふれるお店です。
あたし的には神戸の一番店に認定とさせていただきます。
IMGP4205s.jpg
パン屋とはなんの関係もありませんが関西系の元気なノリ。
こんなんが街中を普通に走りまわれる、・・これは稀で幸せな偶然なのかもしれません。
IMGP4206s.jpg
頑張らない、でも前に進む、今日の一歩。

4月8日;ゆっくりしっかりフレンチ

とても普通の街、ナショナルチェーンのコンビニの外看板の蛍光灯の照明は切られているもののそれ以外は日常が保たれている。新入社員の歓迎会や人事異動の歓送迎会で街には四月らしい宴会ムードも流れている。
そんな街を歩き北野の街で気になっていたフレンチに行ってみた。
和の食材や味覚を取り込んでいるので日本酒との相性も良さげなお料理でしたがそれは食べてみてからしかわかりません。
あたしたちはいつものようにシャンパンから初めてワインを合わせていただきました。
IMGP4164s.jpg
器も含めてまさに和の前菜。
IMGP4165s.jpg
明石のタコはおいしく食感も絶妙いい火の通し加減でした。
下に旬のたけのこ、それに桜のジュレのソースです。
シェフのお気に入りのお山のたけのこがまだ届かないと愚痴っていましたが十分おいしい。
ベストの組み合わせでもう一度食べに行かないといけない気持ちにするセールストークだったのかしら?
IMGP4170s.jpg
ホワイトアスパラにお肉のたたき、アスパラのゆで汁の香りを生かしたスープを添えて。
IMGP4176s.jpg
クエのポワレ自家製ラビオリ添え。皮のパリッとが好きですね。
IMGP4178s.jpg
メニューで気になっていた豚足のコロッケ。コロッケといってもフライヤーで揚げてはいない、豚足をほぐしてゼリー状に固めたモノを角切りにして細かいパン粉を振ってオリーブオイルを霧吹きで吹いてオーブンでこんがり焼き色を付けた一品(レシピはあたしの推測であり、シェフに解説していただいたわけではないのでイメージの参考まで)。
IMGP4179s.jpg
お肉のメインは子羊。
やはり神戸、メインのお肉はステーキがスタンダードのようでした。
IMGP4182s.jpg
久しぶりにのんびりしっかり足の心配もせずに外食を堪能できました◎
お料理はもちろんパンもとても美味!
一口食べたとき天然酵母の香りと焼き加減から「あ、コム・シノワ!」と思って食べ進んでいましたが実は不正解でした。
最後にシェフとお話ししてその種明かしがあり楽しくかつ役にたつ素敵なお食事、またいかねば!

4月7日;東京で花見

例年は花見イベントのライトアップ配線の取り付けで花見が近いのを知らされていたのか?とんと気づかぬ間にさくらは満開の見頃を迎えていた。
ほんとに久しぶりに昼食にぶらりと出かけて気が付いた。
気が付けば例年のお花見スポットに立ち寄らねばとアークの裏、霊南坂教会前の桜並木を見下ろしてパチリ。
IMGP4151s.jpg
きっとfukoshimaの桜にも難を乗り越えたミツバチが訪れるのであろうか。
自然の流れと、知ることの功罪、いろいろ考えてしまう。
花見のつもりが今年はやけにミツバチが目についてしかたがありませんでした。
IMGP4152s.jpg

4月5日;日本一

いろいろあるが日本一はまずはめでたく誇らしげな語感がある。
このところすっかり自転車はご無沙汰であるがその分ジョグは増えている。
苦手なジョグは1時間も走れば十分おなか一杯になるところがありがたい。
それ以上に手軽にどこでも走りだせるのが一番かな。
IMGP4139.jpg

4月5日;ビゴのパン

今日のお昼はオーソドックスにビゴのパン。
普段立ち寄っている銀座プランタンのお店とは微妙以上に品ぞろえが違う。
そんな発見が嬉しい今日この頃。
ポカポカと平和だ!
IMGP4136s.jpg

4月4日:さくらは見頃

既にさくらは見頃を迎えていました。
静かにでも確かに力強く。
ニュースになろうがなるまいが気にすることもなく。
IMGP4130s.jpg
自然の力はあまりにも偉大だ、というより人は風になびく稲穂より頼りないように感じてしまう。
その分しなやかにありたいものである。
IMGP4133s.jpg
郊外の公園ではまだ一分二分だったのに都会は暖かいのね。
かの地でも残った桜はきっと咲く。

4月1日;久しぶりの・・・

久しぶりの書き込みです。
あの日を境に多くのことが不連続的に変わりました。
復旧しつつある部分もあるにしても根底にある前提自体が全く違ってしまっていることは否定しがたい事実の一つかもしれません。
そんな中新幹線で西に向かう。
静岡を越えると空気が和らいでくるように感じる。
中部電力のエリアに入れるからかもしれません。
エスカレーカーもエレベーターも動く普通の街の普通のオフィスでPCの設定システム接続の確認を終え遅いランチに出かける。
ここにきたらまずはビゴの店かなと考えていましたが、ハード系がお好きならココと教えられていったパン屋。
IMGP4119s.jpg
店内は暗めで写真は上手く撮れませんでしたがお味は◎
ドライフルーツ系はフルーツの香りがとても立ってます。
一度リキュール系で洗っているのかな?
天然酵母の強めの香り、しっかりついた焦げ色ともにあたしの好みに合うタイプ。
これからしばしば立ち寄ることになるかな。
IMGP4123s.jpg
ブランジェリー コム・シノワ
三宮にお立ち寄りの際はぜひ。
IMGP4126s.jpg
復興を祈念しつつしばらくは二つの拠点を軸に活動していくことになりそうです。
まずはそろそろ朝練の復活に取り組んでいければと考えております。
プロフィール

サルト

Author:サルト
サルトの部屋へようこそ!
自転車を中心とした趣味のつぶやきを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。