スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月26日:まっとうな朝練

昨日このところ一向にV練にも顔を出さないのを心配したエース教官が態々家庭訪問にいらっしゃいました。
家庭訪問は朝練への出頭命令(暗黙の)と理解し今朝は教官と合流すべく天文台方面へゴー。
周回しているとエースのような自転車乗りと遭遇?
シルエットはエースでしたが自転車は見慣れないモノでしたのでまだ明けやらぬ薄暗がりの下では定かではありません。
そのまま合流せずにもう一周してだいぶ明るくなってから改めてご挨拶。
エースの自転車は見慣れた黄色いVLAAMSから赤白のモダンなカラーリングのカレラに変わっていました。
幅広ブレードのストレートタイプのフロントフォーク、乗り心地はよさそうに見えませんが切れ味鋭く(あくまで想像)カッコイイ!

しばし並走しおだてられて天文台のチェックポイント40k通過達成(あたし)、おめでとうございます。
自転車乗りの性かこれでエースのスイッチが入ってしまいしっかり引きずり回されて朝からヘロヘロ。
次周のチェックポイントではダンシングで加速するエースの後姿をお見送りしておしまい。
同じチェックポイント通過にしてもアプローチが全く違います。
あたしはじわっと巡航速度まで上げて最後に一もがき。
エースはよーいどんポイントから腰を上げてガツンと上げて更にバンバンいってバビューン!
排気量(自力)の違いをまざまざと見せつけられました。

久々に胸を借りての朝練いい練習&定点観測ができました感謝◎
まめに予定を告知して練習の強度を上げるのも吉かと思われました。
スポンサーサイト

9月24日:朝ランで空港まで

昨日はしっかり自転車に乗ったので今日はラン。
神戸空港までひとっ走り。
ちょうど2時間走になりました。
ポートターミナルに見慣れない船影。
イージス艦として刷り込まれているロケットランチャー付の大型船と小ぶりの護衛艦。
IMGP4981s.jpg
その後ろにオレンジ色のでっぷりした船が停泊していたものの行きの暗がりの中では何も気づかずスルー。
フェリーだと思ってましたが帰りに見ると南極観測船「しらせ」様でした。
後部甲板に大型ヘリを引き出して何やら準備中。
こんなイベントがあるのであればあたしも申し込んでおけばよかった。
なお、イベント開始時刻までには灰色の本物の自衛艦は静かに姿を消してしまっていたのは言うまでもない。
IMGP4987s.jpg

9月23日:神戸・三木練

台風一過の連休初日、最近のお気に入り練習コース再度山ドライブウェイで六甲を越えて三木方面の丘陵地帯をぐるぐる。
台風進路の西側で済んだためか降水量は記録的と言いながら路面の落下物は少なめでホッとする。
ローカル番組で三木方面は石棺仏が多く残されていて興味深いとの情報をゲット。
確かに道路際にこんな感じのお地蔵さんよく見かけます。
そういわれればこのお地蔵さんを含めて四角い石に掘り込まれたパターンばかり、いわゆる馴染みの立ち姿のお地蔵さんはほとんど見かけません。
ちょっと気を付けてみてみましょうかね。
それにこのあたり、小さな神社がとても多いのも特色の一つでしょうか。
放送では大きくて立派な石棺仏をご神体にしてまつっている神社もあるともこと、たまには足を止めてお参りさせていただきましょうかね。
IMGP4979s.jpg
再度山公園のピークから空を眺める。
台風で季節は一気に秋に突入。
山の日陰は肌寒さを感じるぐらい。
着るものの調節が難しい季節です。
IMGP4980s.jpg

9月19日:ツール・ド・北海道ツアー最終日

おいしいお寿司を食べてぐっすり眠ってほぼ定時に起床。
北海道は朝が早く(明るくなって)て助かります。
既に自転車は輪行袋の中につき軽く素走りに出かけます。
距離もコースも不案内につき今朝のメニューは2時間走と決定。
自転車で記憶にある琴平川沿いのサイクリングロードを真駒内方面に1時間5分走ってUターンしてくる設定です。
折り返して市街に戻りあと5分ほどでホテルです。大通り公園6時36分。
IMGP4950s.jpg
ショートコースの66kの方とはいえ昨日のレースに関係なく2時間走ができてしまうところが大問題。
安全マージン取りすぎですね。
力を出す練習と器を大きくする練習、心がけて取り組んでいきましょう。

アイサイトの高速クルージングを楽しむべく洞爺湖まで足を伸ばす。
某会議のモニュメント。
刻まれた名前をたどりそれぞれがsummitであったことを確認しながら某国の方のお名前を見つけsummitというよりどんぐりのように感じられてしまいました。
summitsは本来summitの集うところであったハズ・・・
IMGP4969s.jpg
北海道ドライブの最後の休憩スポット苫小牧のぷらっとみなと市場。
IMGP4970s.jpg
ほっき貝といえばVLAAMS合宿で橋川健が連れて行ってくれた福島の漁港のほっき飯!
再訪はかなわない・・
港の市場の食堂に付き今回は食べられませんでしたが次回は是非自転車でお腹を空かせて日本一のほっきを食べてみることにしよう。
IMGP4976s.jpg

9月18日:ツール・ド・北海道市民66kレース

とりあえず朝の時点では曇天なり、ゴールの野幌からスタート視点までバスで移動。
謀ったかのようにバスから降りると雨が降り出す。
強くなったり小ぶりになったりはしたものの雨は上がらず。
昨日よりかなり気温が低く濡れる雨。
一枚アンダーを増やしてみたもののかなり下りが寒そうです。
そんな中、市民100kは鹿児島SWの一○キャプテンの逃げの後、集団は鹿児島SW5人衆のコントロールで通過。いい展開です。
いよいよ市民66kスタート。
短いだらだら上りの後長~い下り。
寒いです、路面はちゃんとグリップできているハズにもかかわらずハンドルを取られます。
パンクか!?
まるでホイールがポテチになったように振れて仕方がありません。
今日は久々のチタンフレーム、もしかしてまたエンドがずれたのか?
ハンドルは取られるもののブレーキシューに触れている音は聞こえない?
止めて確認するか?
いやまてこれは体の震えのせいに違いない、かな・・
確信が持てないなかトラブルスローダウンも踏まえて集団の脇から後方へ移動しながら呼吸を整え震えを抑え込む努力を繰り返す。
体の震え以外にその原因は無いと確信できたのは長い下りの終点近く、峠道を下りて気温がやや上がったのと同じタイミングでした。
ガン踏みして大集団の尻尾にかろうじて手が届いてからは降ってくる自転車乗りをたどりながら集団復帰を図ったものの力及ばず。
一気に復帰する脚がないとどうにもなりませんね。せめて震えずにもう少しブレーキを早めにリリースできていれば・・

気持ちを切り替え小集団を渡りながら無事ゴールに到着。
預けた荷物はなかなか届かず、着替えもないしゴールしてからの1時間がホントに寒くてつらかった。
もうこれでレースは最後と道中何度も思いながら、でも最後はそれなりに気持ちよくゴール。
来年はどうするのかな・・
さて、必勝態勢の鹿児島セカンド・ウインド、惜しくも2位3位と優勝はお預け。
雨のレース最後のスプリントでも落車がいくつかあった模様です。
あたしもお知り合いも全員怪我なく走り切れたことだけはホントに良かった。

打ち上げは言わずと知れた「金寿司」。
カウンターで写真なんて野暮はなし。
寿司を食っているとまた来年も来るような気がしだしている自分に半分あきれるね。

9月17日:ツール・ド・北海道遠征1日目

朝一版(共同運航便を除く)のANAで千歳に飛んでレンタカー屋さんへ向かうと、なんとアウトバックのアイサイトモデルがお出迎え!
インプレッサ指定の予約が車両のやりくりの都合でとってもアップグレート、足し前なし。
天候はすぐれないものの気持ちよく北海道の旅が始まった。
IMGP4920s.jpg
視界を遮るカメラ回り、ちょっとうっとうしいが直に慣れてしまいました。
アイサイト、素晴らしい!ふらつき警告機能(ウインカー出さずに車線変更するとピコピコ鳴きます)、前方車両ロックオン機能(信号発信でのんびりしていてもピコピコ、早く発信しろ!)、クルーズ・コントロールの柔軟な運用機能(設定速度にとらわれずロックオンしている前方車両の速度に合わせて加減速(下はー40kぐらいまで下がりますし、上も10k以上は自動で設定速度上がりました。限度は不明。)、ブレーキアシスト機能(試してないので想像のみ)、とても楽しく役にたつ仕掛けでした。
敢えて何点を挙げれば取扱い注意(運転支援機能であり事故回避機能ではありませんし、そもそも運転者の不注意を助けることはできません!)の音声案内が日・英で走り出すたびに繰り返されること(カードが挿入されていません・・や、すでに機能し始めているピコピコと重なると賑やかすぎます。たぶん音声オフの設定もあるのでしょうが定かではありません。)。
縁あってアイサイトに転用された映像識別装置の開発に携わった方から直にお話を伺う機会があったのでなおさらかもしれません。
レガシー買うんだったらアイサイトとしておきましょう。
でも、ちょっとデカいよね(北海道では気になりませんでしたが・・)。
IMGP4923s.jpg
夕張までコースの下見に出かけ、TT準備中の鹿児島セカンド・ウインドの面々とご挨拶。
今回の優勝候補筆頭のチームです。鹿児島から6名で大遠征。たぶん以上に取れるハズ。
その後雨のぱらつく中をサクッと試走。結果からすればこの試走で雨でもこの程度の気温と装束の決め打ちをしてしまったことが大きな失敗の原因の一つになりましたがこの時点では知る由も無し。
夜は札幌の街へ出かけて遠征にお付き合いいただいた家人とイタリアンへ。
いい蛸とキタアカリの前菜。
IMGP4929s.jpg
からすみのスパゲッティー。
IMGP4935s.jpg
ざりがにの手打ちパスタ。
IMGP4937s.jpg
鮟鱇のベーコン巻のグリル、プリプリの皮も巻き込んであって味も触感も大満足。
IMGP4941s.jpg
おみせはここ
偶然選んだお店ですが大当たり。また食べに行ってみたいお店の一つになりました。
なお、ツール・ド・北海道の打ち上げには適当ではありませんのであしからず。

9月14日:遠征前のマーフィーの法則

連休の北海道遠征を前にして毎度のことではあるが次々に起こるトラブル。
週末はメーターの表示が点滅して電池交換。レース中に切れてメーターなしということもあったことを考えればとてもありがたいタイミングです。
月曜はスローパンク発見! チューブレスのバルブのところからの空気漏れ。すでにくせになりつつあり対処法はわかっているつもり、ただ、ノーチューブシーランとを入れているタイヤの脱着が面倒かつ汚れるのよね。
ここまでは想定の範囲内、意外に心穏やか、さらに今朝は走行中突然バリバリと異音発生。
太めの木の枝を拾ってリアホイールで砕いてフレームに引っかかったのかな?
下りて点検しても何もなし?
パキパキカンカンは鳴りやまず、ギア板の締めましもなんら効果なし。
ハブのベアリングに届けとチェーンルブ(お弁当の醬油差しでいつも携帯してます)を一たらしすると少し静かになるものの回転に従ってカキンカキンまだ鳴いてます。
ハブのベアリングが原因であることはほぼはっきりしたのでひっくり返して外して回してみる。
一回しして確信、ベアリング割れてますグリグリガラガラ一か所明確な段差もありますね。
ショックを隠せず筋トレグリグリホイールでなんとか帰還。
どうしたものか今日は水曜日、自転車屋はお休み、代替えのホイールは神戸です、さて。
(つづく)
思い出しました、すっかり忘れていたオーバーホールに出していたZIPP404チューブラー。
回転が渋くなったというよりラチェットが引っかかり素直に逆回転ができない症状で預けっぱなしでそのまんま。
そろそろ出来上がっているころあいです、しかし、部品の大幅とっかえでばらされたままだったらどうしよう。
それより水・木は自転車屋さんのお休みで状況の確認ができません。
もしかしてと思い電話をかけてみても残念音沙汰なし・・
でも店主のツイッターをフォローしてみると定休日にも関わらず作業を開始した模様。
消息確認にツイッターは便利ですね!
無事ホイールの作業完了を確認できてラッキー。ついでにタイヤも張り替えてもらい遠征準備一つ出来上がり。
今回の遠征はフロント/チューブレス、リア/チューブラーのミックスということになりました。
普段使いだとミックスは補修道具が増えて面倒ですがレースであれば無問題。
いろいろバタバタしてますがそれもまた楽しでしょうか。


9月13日:まとめてアップデート

週末土曜は神戸六甲から三木練、お決まりのコースを最短時間で帰還。これはクロスバイクに峠道でブチ抜かれたおかげ!下りで追い付いてちょっとお話して油断させてから次の上りでちゃんと千切らせていただきました◎感謝。
そんなことやってちょっと腰に違和感を生じさせてしまいました▽
最近の練習はレースを意識してポケットの補給食を食べながらコンビニ休憩も無のシンプルな練習、よって写真も無。休憩しなくても余裕でポケットからカメラを出してパチパチできるようになりたいものである。
日曜は3k3%から尾根幹をさくっと走って帰還。多摩サイ側道で流しさんの列車と遭遇。きれいな隊列だこんど是非乗せてもらいたいものである。
そのごいよいよ腰が重くなったので月曜は完全休養日として針を打ってもらいに石神井公園のマツモト接骨院へゴー!
ちょうど店じまいの時分で他の患者さんがはけたところ、治療の前に松本先生の体幹運動理論からの自転車薀蓄の最近の発見論を拝聴することができました。
いつもながらポイント満載でととも消化できませんがいくつかは試してみましょうかね。
それより春からの取り組みの整理にはなったから良しとしておこう。
治療のおかげでドヨ~ンと体は重くなりぐっすりおやすみ。
今朝はスッキリ目が覚めたので軽くジョギング。
明日はバイクかな。

9月7日:いろは坂

このところ更新しないので走っていないのか?と一部方面よりご心配いただいている模様につき生存確認のアップ。
今朝は是政橋から3k3%を上り聖蹟桜ヶ丘のいろは坂へ。
このところ上りか下りしか走っていないので3k3%も垂れずにある程度はペースを保てるようになってきている模様。ただ集団で走るとどんな感じか全く自信なし。
いろは坂、今まで下りで気にしていたチェックポイントが全く見当違いであったことに思い当たる。六甲の再度山の激坂下りの賜物か!?
上りは下りの練習の為、ちょっとした意識の変化が芽生えつつあります。
今度の三連休はツール・ド・北海道市民レース。今年は走りこめていないので66kと短い方ですが。
10月にはフルマラソン。11月の沖縄とあたしのレースシーズンです。
ブログにもアップして少しは自分にプレッシャーをかけて練習に励んでいきたいところです。
プロフィール

サルト

Author:サルト
サルトの部屋へようこそ!
自転車を中心とした趣味のつぶやきを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。