スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月27日:早朝汗だくランニング

朝飯前のひとっ走り。
奥武山公園の1066mラバーチップ塗装の周回路を10周ほど。
ランナーの数は少なく、散歩の方々の人数がかなり多い、都下小金井公園比。
早朝だというのに日よけフラップを付けたキャップをかぶった方が目につく、南国の日差しはそんなに強いのか?
梅雨明けの沖縄、暑い。
バケツで水を浴びたような汗だ。
ランパンからもポタポタ滴りホテルのエレベーターでドン引きされた、そりゃそうだ。
全く爽やかさは感じられない耐暑訓練の範疇か、でも減量には効果大かも。
スポンサーサイト

6月26日:沖縄へ

輪行袋も担がずに沖縄へ?
雲に隠されそうな富士山、雲の合間からほぼ雪が消えた山肌がのぞく。
7月1日山開き。
今年は登ろう!
IMGP5663s.jpg
空の競争も激しくランチボックスは更に洗練されてきている。
楽しませてもらっているわけではあるがこれでいいのだろうか!?
IMGP5664s.jpg

6月23日:国立でランチ

国立の裏通りでランチをいただく。
週末の生活が少し落ち着きを取り戻せてきた証左か。
食堂の近くの拘りのお店の店頭で見つけたちょっと変わったハーブの植木鉢、なかなか素敵だ!
IMGP5660s.jpg

6月3日:阿蘇内牧の旅3日目

当然目覚ましはかけずに布団にもぐりこんだものの目が覚めて起き上がることができたので体をほぐしに出かける。実業団の陸上部の練習コースの痕跡を辿ってゆっくりペースで1時間ジョグ。
筋肉痛は明日かな。
IMGP5639s.jpg
朝食はコルナゴ部長に誘われ近くの運動公園の広大な芝生広場の朝市マルシェへゴー。
IMGP5650s.jpg
野菜の乳製品、地元の採れたてが並びます。
その中の一品、カブトムシの幼虫8匹でナント500円、流石阿蘇。
IMGP5647s.jpg
阿蘇でまったり体を休めるにはこんなところ。
小国のカフェで甘いものをたっぷりいただく。
オープンエアが心地よい季節、いつものことではあるがすっかり長居してしまった。
IMGP5653s.jpg
夕方のフライトで東京へ、お仕事をしに戻る。

6月2日:阿蘇内牧の旅2日目

阿蘇カルデラスーパーマラソン50kの部出走。
天候、曇り時折ポツポツ雨、この季節のマラソンとしては言い訳のできないコンディション。
それなりのアップダウンが続くも30kを2時間50分程で通過!もしかして5時間そこそこでゴールできるかも・・
そんなわけはない、その後ガクッとペースが落ちた。
思いのほかアップダウンが足にダメージを与えていたようだ。
ヘロヘロで天国の階段を登る。
視界が左右に開けたところで思わずうるうるしてしまいました。
531ooreMG_6783[1]
写真はコルナゴ部長のブログから拝借しております。
峠を下り切り最後の7k、平坦の追い風にも関わらず全くペースを戻すこともできずズルズルとゴール到着。
手元時計で5時間28分37秒。
DSCF4814s.jpg
初めての50k完走◎
このタイムでは100kへのステップアップはありませんね、と言いながら来年また50kに参加するのか!?
その後、コルナゴ部長と祝杯を重ねる。
ヨレヨレの体で早めに布団にもぐりこみたいとチラと思ったものの段々調子も出てきてほとんど夜中まで楽しむことができました。
長い一日、二日分ぐらいの充実した一日を過ごすことができました。

6月1日:阿蘇内牧の旅

阿蘇のカルデラにやってきた!
明日のスーパーマラソン、50kの方ですが、の間の家内の鳥見のご相談でビジターセンターへ。
森の工作教室も随時開催でお子様連れの方は是非。
IMGP5617s.jpg
コルナゴ部長ご推薦のベーカリー元気。
温泉パンが何ともチャーミング、但し、まだ味見はできておりません。
阿蘇の山々を眺めながらの朝食ポイントに最適ですね。
IMGP5620s.jpg
IMGP5621s.jpg
泊りはコルナゴ部長のお宿、蘇山郷。
阿蘇の赤牛をおいしくいただく◎、なんちゃってアスリートなあたしはバターは使いませんので岩塩なりを添えていただければなお嬉し。
IMGP5624s.jpg
さて明日のマラソンどうなりますやら・・
無理せずリタイヤする勇気も持って臨みます、明日の部長との打ち上げを目指して!
プロフィール

サルト

Author:サルト
サルトの部屋へようこそ!
自転車を中心とした趣味のつぶやきを綴っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。